hizi memo

びぼうろく📝

DroidKaigi 2019 を振り返る

2019年2月7日(木)と8日(金)の2日間, DroidKaigi 2019 に初めてスピーカーとして参加してきました. DroidKaigi 自体には2016年から参加していて, 「登壇とかすごいな〜」程度の感覚でした. それが今回, 自分が登壇することになったというか実際にしてきたというのが未だに驚きです. 今回のDroidKaigiを除けば, 勉強会で登壇したのは去年の夏が初めてでした. しかも5分です. あの時と比べると規模が大きすぎました.

2日目の16:50から「Navigation Architecture Component によるアプリ内遷移の管理」というタイトルで登壇させて頂きました. 「人来なかったらどうしよう😇」とか「マサカリがこわい😇」とか考えているうちに時間が近づいて, セッションの部屋に入ってみると立ち見の方が数名いるなど, ほぼ満員になっていて驚きました. ありがとうございます. もちろん, Day 1 に予定されていた同じテーマのセッションが急遽キャンセルになってしまったことや, そもそも今熱いトピックだということもありますが, それでも嬉しかったです.


振り返れば, 先輩に圧力をかけられてセッションの応募をし, あれやこれやで採択されてから今日まで, Navigation のことをひたすら調べていました. 英語力が無いので, 公式のドキュメントやリリースノートを全て日本語に自力で翻訳して資料として残し, Webにある記事をひたすら読み漁り, Twitter で関連するツイートをしている方を監視し, AOSP のコミットメッセージを読んで開発者の考えを理解し, Issue Tracker を漁り, …とにかく色々なことをやってきました.

1月中旬になって, ようやく資料作成に取り掛かりました. これは非常にまずいです. スライドは無限に拘るポイントがあるので, 完璧主義な自分にとっては苦行です. ゴールがないものは難しいです. 結局, 当日までスライドを手直ししていました. 時間切れが自分にとってのゴールです.

実際のところ, 発表はNavigationの概念や原則, 基本的な使い方とマルチモジュールでの利用例を紹介する程度になりましたが, 上に挙げた調査で得た知識は発表する際に自信となって自分を助けてくれました. 発表の練習に付き合っていただいた社内の方々もありがとうございました. 頂いたフィードバック全てを反映することは出来ませんでしたが, より良いものに仕上げられたと思います. 発表練習によって緊張しがちな自分でも, 比較的スムーズに話せた気がします.

Twitter でもポジティブなコメントを頂きありがとうございました. 登壇を終えてから皆さんのツイートを見て安心しました. 説明不足なところがあったのは私自身も理解しています. 改善に繋がるツイートが自分の成長の糧となります. 今回, DroidKaigi という大きなイベントに登壇者として参加できて, 去年までよりずっと楽しかったと思います. ひたすらインプットする2日間より, 他の発表者のスライドを見て「自分のスライドもこうした方がいいな」とか, 「こういう内容あると面白いな」とか, また少し違った視点で参加することができました. インプットに集中した方がいいのは勿論ですが, 自分はこんなことを考えてしまうんだな, という発見になりました.

最後に, このような大きなイベントを開催して頂いた主催の皆様ありがとうございました. そして, セッションを採択して頂いてありがとうございました. 素晴らしい体験をさせて頂きました.

f:id:hizi_tkc:20190208233830j:plain 良い景色☺️